0 Items
! このサイトの為替レート値段はご参考価格です、実際の当日の取引レートではありませんご了承ください。

Ψ鬼月Ψ

もうすぐ日本はお盆シーズンで連休となりますね!

Finemakersのチャーターツアーもお客様に選んでいただきまして嬉しく思います!

日本では、昔ながらのお盆の風習といえば

父方、母方のそれぞれの実家に行き

親族にて、お墓参りを朝と晩、または13~16日にかけて

先祖の霊を迎え、そしてまたお墓に送る。という習わしを

小さい頃は、何となく当たり前にしていた風習でした。

(お住まいの地区により違いはあります。)

今では、忙しい方も増えたり、

せっかくのお休みに家族サービスをすることも増えたことと思われます。

台湾でも、実は似た風習?があり

それを

『鬼月(グイユエ)』 と呼びます。

名前からして、なんかおどろおどろしいですね(笑)

■台湾の鬼月とは

台湾の暦で一番の重要な部分は農暦(ノンリー)と言われる、日本で言う旧暦です。

ちなみに、今年の農暦の鬼月に当たる日は

  • 8月11日~9月9日の1ヶ月です。
    中華圏での風習であり、
    地獄の扉が開いて、ご先祖の霊だけでなく、
    沢山の霊魂が人間界に現れるとのことです。

■台湾『鬼月』にしてはダメなこと

禁止というかいわば風習なので

地区により若干の違いはあるかと思います。

※これはなんとも沢山禁止事項があります。(一部抜粋)

  1. 夜に口笛を吹かない。(これは日本でも同じで、お化けを呼ぶからです)
  2. 夜に洗濯物を干さない。(干してる服を仲間がいると思うみたいです)
  3. 最終電車やバスに乗らない。(そのまま家へ付いてくるそう。人なら犯罪ですw)
  4. 夜写真を撮らない。(これも映り込むそうです)
  5. 夜誰かに名前を呼ばれて、肩を叩かれても振り向かない!(人間は3つの魂の火(頭に1つ、両肩に2つ)を持っていて、もし叩いたのが霊魂だったら…振り向くと1つの魂の火が消えていくそう、、、。全部なくなると連れていかれると信じられてるそうです。。)
  6. 引っ越しや、家や車を買わない(日本の仏滅みたいな感覚が続きます。縁起が悪い。)
  7. 水辺に遊びに行かない(これも日本の風習と同じ理由です。)

■ 感じたこと

こう見ていくと、日本と台湾は、

多少の文化の違いもありますが、共通点もあり

共感できる部分も沢山ありますね♪

やはりしてはいけないことがあるということは、

古い昔から、家族や大事な人がいつも安全で

幸せに暮らしてほしいという願いも込められていると感じます。

一見聞くと怖いと感じることもありますが

理由はその中に愛情があるんだなと思いました。

しかし!台湾と取引のある企業の皆さんは

この『鬼月』にはご注意ください!

商品が売れない事態が発生してしまうかもしれませんよ~!

Finemakersもその時期にしか味わえない企画物のプランも思案しております。

様々なご希望にもお答えできるフリープランもございます。

お希望に添える旅のお手伝いをさせてもらえませんか?

お問い合わせもお気軽にどうぞ♪

フリータイムの時間や、少し時間がある時にでも

お気軽にお申し付けくださいませ。

カート